リフォームのタイミングを知ろう

水回りのリフォームは築10年から15年、大掛かりなリフォームは築15年から20年のタイミングで行うのが一般的です。

横浜のリフォーム会社について

工務店の方がリーズナブルでした

横浜の大手リフォーム会社と工務店に見積もりをお願いしましたが、同じリフォームでも工務店の方が安かったです。

提案力の高い業者にお願いしました

いくつかの会社に相談し、希望をくみ取り素敵なリフォーム案を出してくれた提案力の高い業者にお願いしました。

大手のリフォーム会社は仕事が早い

デザイン業務やリフォーム作業が分業されていて、スピーディーにリフォームが完成して良かったです。

丁寧な対応の業者は仕事も丁寧でした

電話対応や現地調査での対応が丁寧だったので依頼しましたが、仕事も丁寧で満足できる仕上がりになりました。

女性の担当者が良かったです

キッチンリフォームの担当者が女性で、細かいところまで気が付き最良のプランを提案してくれました。

様々な業者がある

リフォーム

横浜にはたくさんのリフォーム業者があります。たくさんあればあるほど、自身の要望にしっくりくる業者が見つかりやすくなるはずです。まず、どんな業者があるのか調べてみましょう。インターネットで検索することをおすすめします。その際、対応エリアの確認も必須です。業者によっては地域密着型で対応エリアが決まっているところもあるからです。また、どんなリフォームをしてくれるのか、工事の種類についても確認しておきましょう。トイレや洗面所、浴室といった水回りを中心に考えているのなら、これらの工事を得意としている専門業者を選ぶといいかもしれません。業者によって得意分野は異なります。ホームページに詳細がきちんと載っているので隅々までチェックしましょう。

適切な種類を選ぼう

リフォーム

横浜でリフォームをすることになったら、どんなふうにしたいのかよく考えてみましょう。種類によって作業の仕方は異なります。例えば水回りを重点的に考えるのなら、カビや水垢対策を徹底することが大切です。キッチン周りの場合にはキッチンをよく使うお母さんの意見を重視しましょう。料理がしやすいようなキッチン周りにすることがポイントです。こんなふうに一つ一つ考えていけば、どんなリフォームをすべきなのか見えてきます。

先々のことを考えて選ぼう

間取り図

横浜でリフォームする際、先々のことまで考えて行うことが大切です。家は年月を経てどんどん古くなりますが、それは人も同じです。老化していくことで住みやすい家づくりを考えてみましょう。そうするとバリアフリーにすることが念頭に置かれることになります。ずっと住み続けるつもりなら、段差のない安全性の高い家にすることがポイントです。将来的に足腰が弱り車椅子生活になったとして快適に過ごせるような状態にすることが大事です。